お役立ちエリア情報

丈夫なエナメル質に必要なビタミンAが豊富!歯のために「馬込大太三寸人参」を食べよう

東京都には、大田区という地区があります。大田区は羽田空港があることでも知られており、全国からアクセスしやすい場所です。大田区には多摩川や、お寺などの観光スポットなどもあり、多くの人々で賑わっています。そんな大田区には、古くから栽培されてきた「馬込大太三寸人参」という人参があります。この馬込大太三寸人参は、ビタミンが豊富に含まれているので、健康な歯を保つために昔から食べた方がいいと言われていました。では、馬込大太三寸人参とは、いったいどんな野菜なのでしょうか。

馬込大太三寸人参とは

馬込大太三寸人参とは

大田区には、馬込という地区があります。その地域で古くから栽培されてきたのが馬込大太三寸人参です。名前に「三寸」とあるように、一般的な人参に比べると短いのが特徴で、その長さは10センチほどといわれています。収穫時期は9月から12月ごろで、色は鮮やかな朱色をしています。「大太」という名前にもあるように、長さは短いですが丸々とした実をしています。一般的な人参はあまり好きではないという方もいますが、この人参はとても甘く柔らかいので、とても食べやすいという方が多いようです。
馬込大太三寸人参の歴史はとても長く、明治時代の終わりから大正時代の初期の頃の間で、人参の交配や品種改良を試みつづけ、大きく、色のきれいな馬込大太三寸人参が作られるようになったそうです。

馬込大太三寸人参をおいしく食べられる方法とは

馬込大太三寸人参をおいしく召し上がるには、どのような料理がおすすめなのでしょうか。
馬込大太三寸人参は、短くて太く、発色がとてもきれいなのが特徴です。また、ビタミンAが豊富に含まれており、体にも良いと言われています。短い人参ですので、きんぴらごぼうに入っている人参のように、細く短い形に切ることが簡単で、調理がしやすいでしょう。この人参は、甘く柔らかいという特徴もあるので、スープなどに入れても、人参の甘みが強調され、柔らかくおいしいスープに仕上がります。子供達は人参が苦手というご家庭も多いのではないでしょうか。馬込大太三寸人参であれば甘さがあるため、カレーなどに入れることで子供達もおいしく食べられるかもしれません。このように馬込大太三寸人参の召し上がり方はたくさんありますので、興味がある方はぜひ試してみてください。

人参に含まれるビタミンAの効果

人参には、ビタミンAが豊富に含まれていると言われていますが、ビタミンAはどのような効果をもたらすのでしょうか。
まず一つ目に、ビタミンAは、免疫力の増加や維持ができる働きがあります。免疫力が低下してしまうと、風邪や病気にかかりやすくなってしまったり、虫歯になってしまったりする場合があるため、体の抵抗力をつけるために大切な栄養素の一つです。
二つ目は、目や皮膚、髪の毛、粘膜の状態を健康に保ってくれると言われています。
最後に、歯のエナメルにも良い影響を与える場合があります。ビタミンAはエナメル質形成に大切な成分といわれており、健康な歯を維持するために大切です。エナメル質が健康であれば、虫歯を予防することにもつながっていきます。

その他の虫歯予防について

その他の虫歯予防について

ビタミンAを摂取して、虫歯を防ぐ他に、どのような方法で虫歯予防ができるのでしょうか。虫歯予防の代表的な方法は、毎日のしっかりとしたブラッシングです。磨き残しがあるとそこから菌が発生し、虫歯につながっていきます。食後のブラッシングケアがとても重要だと言えます。ブラッシングの他には、砂糖を含む食べ物や飲み物を控えることです。砂糖を含む食べ物を長時間食べ続けたり、飲み続けたりすることで、口の中に酸が作られ、虫歯の大きな原因につながってしまいます。そのため、甘いものの間食や、常にジュースを飲むなどはなるべく控えることをおすすめします。
ブラシング以外のセルフケアでは、デンタルフロスや歯間ブラシを活用すると良いと言われています。歯ブラシでは届かない、歯と歯の隙間の汚れを落とすことができるため、虫歯予防に効果的です。
最後は、歯医者でのクリーニングなどが大切です。自分では取り除けない歯石や着色を取り除いてもらうことで、健康な歯を守ることができます。

エナメル質再生に必要なこととは?

虫歯は、歯のエナメル質が酸などで溶けることが原因と言われています。虫歯にならないようにするには、このエナメル質を守ることや、再生させることが重要になっていきます。
傷ついてしまったエナメル質は、唾液の力や食後の正しい歯磨き、間食などのだらだらした食事などを減らすことで、再生できる可能性があると言われています。唾液は年齢とともに減少してしまう可能性が考えられますが、食事の際はよく噛んで食べたり、柔らかい食べ物ばかりではなく硬いものもしっかり食べたりすることで、唾液の量を増やすことができます。
食後の歯磨きは、食後すぐに行うことで、口の中の酸がエナメル質を傷つけるのを防ぐことができます。食後は早めに食べカスなどを取り除くようにすると良いでしょう。このようなことに気をつけながら、大切なエナメル質を守って、虫歯にならないように心がけましょう。

まとめ

虫歯にならないようにするためには、歯のエナメル質を守ることや、傷ついてしまったエナメル質を再生させることが大切だということがわかりました。馬込大太三寸人参に多く含まれるビタミンAを取り入れることや、日々のケアを忘れないことも大切です。虫歯のことで気になることや、歯に違和感を覚える方は、武蔵新田まつ歯科クリーニングに相談してみてはいかがでしょうか。歯の健康を意識して、いつまでも自分の歯で過ごしていけると良いですね。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい