歯科コラム

矯正歯科が女性におすすめ!芸能人にも人気の舌側矯正方法とは?

歯並びを整えたいけれど、「長い間矯正器具をつけなければならないのは困る」「矯正していることを誰かに気付かれたくない」という方も多いのではないでしょうか。矯正する=目立つという印象があるかもしれませんが、最近の歯列矯正には、芸能人も行っているような全く目立たない方法もあります。見た目が気になるという女性にもオススメできる方法です。
さっそく武蔵新田まつ歯科と一緒に見ていきましょう。

続きを読む…

妊娠中の歯の治療で気になる赤ちゃんへの影響は?

歯科治療ではレントゲン撮影やお薬を扱う治療が多いため、妊婦中は赤ちゃんへの影響が気になります。妊娠中にお口の中のトラブルがあったとき、どうしたら良いのか心配になってしまうかもしれません。歯医者さんで治療を受けることはできるのでしょうか。
歯科治療で気になる妊娠中の赤ちゃんへの影響を武蔵新田まつ歯科が紹介します。

続きを読む…

電動歯ブラシの間違った使用法が知覚過敏の原因になる

電動歯ブラシは家電量販店ではもちろんのこと、ドラッグストアや雑貨屋でも気軽に手に入れることができるようになりましたね。また、普通の歯ブラシにようにゴシゴシと自分で動かす必要がないうえに歯が綺麗になることから、電動歯ブラシを使用する方が多く増えてきました。簡単に手に入れることができる電動歯ブラシですが、使い方を誤ってしまうと歯が削れてしまい、知覚過敏の原因となってしまいます。今回は電動歯ブラシの正しい使い方、注意する点について武蔵新田まつ歯科がご紹介します。電動歯ブラシを正しく使って、歯の健康を保ちましょう。

続きを読む…

知覚過敏?虫歯?子どもが歯の痛みを訴えた場合

子どもが歯の痛みを訴えたとき、なんとかしてあげたいけどどうすれば良いのか分からないということがありますよね。特に小さな子どもの場合、歯に違和感を覚えたら「痛い!」としか表現してくれないことがあります。子どもに「歯が痛い」と言われて真っ先に思いつくのは虫歯ではないでしょうか?しかし歯が痛くなるのは虫歯だけではありません。小さな子どもでもなり得るのが「知覚過敏」です。たしかに、知覚過敏は冷たいものが歯にしみて「痛み」を感じますよね。今回は子どもが歯の痛みを訴えた場合の、虫歯と知覚過敏の見分け方について武蔵新田まつ歯科が紹介します。

続きを読む…

歯がくさいのは歯周病のせい!?正しいケアで対策

口臭を他人から指摘されることは、大きなショックでしょう。恥ずかしいような、やるせないような気持ちになります。
しかしいつまでもショックをひきずるわけにはいきませんので対策に乗り出しましょう。
その口臭の発生場所が歯だった場合、歯周病が疑われます。歯周病は歯を失うこともある重大な病気ですので、すぐに歯科クリニックに行きましょう。
そして自宅でも正しいケアを心がけることで、口臭を抑えていくことができます。
それでは武蔵新田まつ歯科と一緒に見ていきましょう。

続きを読む…

歯列矯正で改善する?歯並びと肩こりの関係性は?

「肩凝りや頭痛にずっと悩まされている」「様々な肩凝り解消法をためしたけれど一向によくならない」そのようなお悩みがありませんか?その原因、もしかすると「噛み合わせ」が問題かもしれません。矯正治療は「歯並びのみ」を治すものと考えられていますが、全身にも良い影響を与えるのです。歯列矯正を行ったら肩凝りや頭痛が治るというケースも珍しくないのです。

続きを読む…

必要なのは顎だけじゃない!顎関節症の治療方法は?

「口が開かなくなる」「口を動かしたときの顎の痛みがある」「口を動かしたときに顎がなる」顎関節症の3大症状といわれているこれらの症状は、どのような治療を行うかをご存知でしょうか?顎関節症はどの部分に問題がおこっているかによって治療の方法が異なってきます。顎関節症は、咀嚼筋、咀嚼筋周りにある組織、関節円板、関節やその周りの骨の4つの部分がなんらかの原因で負担がかかってしまうことによっておこります。今回は顎関節症が起こる原因と、それぞれの治療法について紹介します。顎関節症の検査や治療は、顎関節症を専門としている歯医者さんか、歯科口腔外科で行なっています。

続きを読む…

子供の歯並びに影響する!顎を発達させる食べ物の選び方

現代人は食生活の変化によって噛む力が弱くなり、顎が退化して細くなってきていると言われています。顎が十分に成長しないと歯の生えるスペースが減少し、歯並びが悪くなります。歯並びを悪くさせないためには、幼い頃から食べ物をよく噛んで顎を成長させる必要があります。矯正治療を行うことも歯並びをよくさせる方法ですが、幼い頃からの食生活でも歯並びは変えることができます。武蔵新田まつ歯科がご紹介します。

続きを読む…

歯の生え方に食べ物が影響する?歯の健康のために良い食べ物は?

赤ちゃんの食事が母乳やミルクから離乳食に切り替わっても、親御さんはまだ気を抜くことはできません。
離乳食の後に控えている幼児食が、永久歯の生え方に大きく影響するからです。

幼児食で軟らかいものばかり食べさせてしまうと、顎の骨が十分に成長せず、歯並びが悪くなったり、噛み合わせが悪くなったりすることがあります。
つまり、食べ物は歯の生え方に大きな影響を与えるということです。
だからこそ親御さんは、歯の健康に良い効果をもたらす食事メニューを考えてあげてください。
それでは武蔵新田まつ歯科と一緒に見ていきましょう。

続きを読む…

歯の寿命は体の健康とどれくらい関係がある?

生きている以上、やはり健康に長生きしたいですよね。そして、単に長く生きるだけでなく、「いつまでもおいしいものを食べながら長生きしたい」と思われている方も多いでしょう。
そのためには、健康寿命と一緒に歯の寿命も延ばす必要があります。
なぜなら、歯の寿命と体の健康には深い関係があるからです。歯の健康が全身の健康を支え、全身の健康が口の中を健全に保つのです。
今回は、武蔵新田まつ歯科と一緒に、歯と全身の関係を詳しくみていきましょう。

続きを読む…

1 / 712345...最後 »

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい