歯科コラム

喫煙習慣で歯が抜ける!その危険性は?

喫煙習慣のある方は、非喫煙習慣のない方に比べると口臭や歯のグラつきもあり、歯周病となる可能性が高いと言われています。また、虫歯になっていなくても喫煙を続けることで歯が抜けることもあるのです。ここでは、喫煙習慣で歯が抜ける危険性について武蔵新田まつ歯科がご紹介したいと思います。

歯の寿命を縮める

歯の寿命を縮める

タバコの中にタールやニコチンといったものが歯茎の中にある毛細血管を収縮させてしまいます。その結果、歯茎に必要な栄養素が行き渡らないことで気付かぬうちに歯周病が進行しているというケースがほとんどです。それだけではなく、喫煙は口内環境が悪く歯の健康を損ねてしまう上、歯周病が進行することで歯の寿命を縮めてしまうのです。口内環境を良い状態に保つためにも喫煙は避けるようにしてください。

タバコは歯周病を発症させ進行させる原因に

喫煙する方は、ニコチンやタール、一酸化炭素等の影響によって血液循環が阻害され、血行不良が起こるだけではなく、身体の免疫力低下が起こることで歯周病を発症させ、また、それを進行させやすい環境を作ってしまいます。
血流が悪いことで歯茎に傷がついた場合も治りが悪く、歯周病の治療を継続していても効果が現れにくい方が多い傾向にあります。歯周病は、歯が抜けることだけに留まらず、身体全体に悪影響を及ぼすため喫煙者の方は特に注意が必要だと言えます。

喫煙すると虫歯になりやすい

喫煙すると虫歯になりやすい

喫煙者は、非喫煙者と比較すると3倍もの方が虫歯になりやすい口内環境です。これは、タバコを吸うことで自律神経の働きを阻害し唾液の分泌量が極端に減り、口の中の細菌を洗い流すことができず虫歯菌となる歯垢も溜まりやすくなり、結果的に虫歯が増えるという悪循環を繰り返してしまいます。また、タバコに含まれるタールは、歯の表面に付着し歯垢が溜まり虫歯になりやすくなります。
その他、タバコを吸うことで歯周病が進行し、歯茎が下がると歯根が露出してそもそも抵抗力が弱い歯根は虫歯になりやすいと言われています。

歯周病だと感じたら

自分自身が歯周病かもしれないと感じた場合は、すでに進行している可能性が高いです。早急に武蔵新田まつ歯科へ行くことで自分自身の歯周病の進行状況について把握することができます。また、歯周病の進行状況に応じた適切な治療をすぐに開始することも可能です。もちろん、歯周病と感じる前から定期的な検診を進んで受けることが大切でしょう。
歯医者さんに行くのは、歯が痛くなってからや歯に不調が見られてからでは遅いことが多いため、意識して時間を作り定期検診へ足を運びましょう。また、きちんと治療を受けることで歯周病の発病や進行を抑えることができます。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい