歯科コラム

歯がくさいのは歯周病のせい!?正しいケアで対策

口臭を他人から指摘されることは、大きなショックでしょう。恥ずかしいような、やるせないような気持ちになります。
しかしいつまでもショックをひきずるわけにはいきませんので対策に乗り出しましょう。
その口臭の発生場所が歯だった場合、歯周病が疑われます。歯周病は歯を失うこともある重大な病気ですので、すぐに歯科クリニックに行きましょう。
そして自宅でも正しいケアを心がけることで、口臭を抑えていくことができます。
それでは武蔵新田まつ歯科と一緒に見ていきましょう。

そもそも歯周病とは

そもそも歯周病とは

歯周病は細菌に感染して発症する病気で、炎症性疾患の一種です。細菌によって炎症が起きてしまうのです。
しかし誰もが口の中に菌をもっています。なのに歯周病を発症する人と発症しない人に分かれます。それは、歯と歯肉の間の汚れの多さが歯周病のもうひとつの原因になっているからです。
つまり「菌+間違った歯ブラシ」が歯周病を生むのです。

歯垢を放置すると歯石ができ、そこは細菌天国になる

歯の汚れのことを歯垢(しこう、プラークともいう)といいます。歯垢の中には何十億もの細菌が含まれています。この細菌が暴走すると、体は細菌と戦おうとして炎症を起こします。炎症が長期化すると、今度は歯肉や歯にダメージを与えるようになってしまうのです。
歯垢を歯ブラシで取り除かないでいると、汚れが歯にがっちり付着する歯石になってしまいます。歯石はその名の通り石のように固いので、もう歯ブラシでは除去することはできません。
歯石は細菌たちを守る鉄壁になるので、歯石の向こうは細菌の天国です。細菌は暴れ放題で、じわじわと確実に歯や歯を支える顎の骨を溶かしていくのです。これが歯周病のメカニズムです。

歯周病と口臭の関係

歯周病を引き起こしている細菌は活動するときに毒素を発します。この毒素の臭いが口臭になるのです。
毒素の正体は、硫化水素やメチルメルカプタンという物質です。「腐った玉ねぎ」や「腐った卵」の臭いに似ているといわれています。

歯と歯肉の間のブラッシングが大切

歯と歯肉の間のブラッシングが大切

歯周病による口臭対策は「2方面作戦」が有効です。
まずは歯科クリニックに行き、本格的な治療に取り組んでください。歯石はもはや歯科クリニックの技術でしか取り除くことはできません。歯科クリニックで歯肉の炎症を抑える必要もあります。

そしてもう1つの対策がセルフケア、つまり自身で自宅や職場などで行う歯ブラシです。
歯周病を発症すると少しの刺激でも歯肉から血が出てくるので、ますます歯ブラシがしにくくなります。
特に歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛を当てる必要があるのですが、歯周病による出血が増えると、それが苦痛になります。しかし歯と歯肉の境目のブラッシングを行わないと「細菌天国」になってしまいます。
口臭予防用のうがい剤は、短い時間なら臭いを消してくれますがその効果はすぐに薄れてしまいます。根本的な解決になっていないので、うがい剤を使わなくなった途端に口臭が再発します。
やはり「歯科治療」+「丁寧な歯ブラシ」の2つの方法で根本的な解決を目指しましょう。

口臭は体の異常事態

生理的口臭以外の口臭は、体の異常事態と考えていいでしょう。まずは歯周場が疑われますので、例えばもう何年も歯科クリニックに通っていない方は、歯に痛みがなくても、口臭がきつくなっただけで歯科クリニックにかかる価値があります。
歯科医は治療だけでなく、適切な歯ブラシの方法を指導してくれるので、歯周病と口臭と決別するチャンスです。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい