歯科コラム

タバコは口にも悪影響!喫煙者の歯周病リスク

なぜ歯医者は患者さんにいつも「喫煙をやめましょう」「禁煙しましょう」と呼び掛けるのでしょうか。
それは喫煙によって歯周病のリスクが高くなってしまうからです。
タバコは肺だけでなく、口のなかも浸食するのです。
タバコを吸い続ける人はよく「タバコを吸い続けた人でも肺がんにかからず100歳まで生きた人もいる」などといいますが、肺がんリスクが高まることも科学的医学的に証明されています。
歯周病と肺がんのWリスクを抱えても、それでも吸い続けますか。
武蔵新田まつ歯科がご説明します。

そもそも歯周病とは

そもそも歯周病とは

「歯周病」と聞いても、あまり大ごとに感じない人もいます。しかし「歯を失う原因の1位」と聞いたらいかがでしょうか。少しは「歯周病について知っておかなければならない」と感じていただけるのではないでしょうか。
歯周病の基礎知識をみていきましょう。

歯周病は、歯周病菌という細菌によって引き起こされる炎症性の病気です。虫歯菌が歯を削る虫歯とは異なります。

歯周病菌は多くの人の口のなかに存在しますが、人によって歯周病にかかったり、かからなかったりします。その差は、歯磨きにあります。
口のなかの食べかすを放置したり歯磨きが雑だったりすると、食べかすが粘着性のあるプラーク(歯垢)になり歯にこびりついてしまいます。こうなるとうがいで取り除くことはできません。プラークはそのうち、石のように固くなる歯石に変わります。
プラークや歯石は、歯周病菌の「巣」になります。わずか1ミリグラム(1グラムの1,000分の1)のプラークに10億個の歯周病菌がいるとされています。

歯周病菌はまず、歯肉を炎症させます。「歯周病のサインは出血」と聞いたことがあると思いますが、炎症を起こした歯肉はもろくなっているので、歯ブラシやリンゴなどの硬いものを食べただけで出血するようになります。
それでも治療に着手しないと、歯肉の炎症によって歯と歯肉の間に広くて深い溝ができてしまいます。これが「歯周ポケット」です。
歯周ポケットも歯周病菌の巣になり、さらに歯石という「屋根」ができているので、歯ブラシも届きません。

歯周病菌は次に、歯を支えている顎の骨「歯槽骨(しそうこつ)」を溶かし始めます。それでも歯科クリニックに行かないと、歯槽骨はもう歯を支えられません。それで歯が脱落してしまうのです。

従来は歯の脱落が歯周病の「終着駅」と考えられてきましたが、最近は歯周病が糖尿病や心臓病と関係していることがわかりました。
歯周病が糖尿病や心臓病を重症化させ、重症化した糖尿病や心臓病が歯周病を悪化させるのです。完全な悪循環に陥ります。
心臓病のうち心筋梗塞は「死の病」ですので、歯周病は死亡の「遠因」といえなくもないのです。

喫煙は歯周病リスクを5.4倍に高める

日本臨床歯周病学会によると、1日に10本以上のタバコを吸っている喫煙者が歯周病を引き起こすリスクは、非喫煙者の5.4倍です。
さらに10年以上の喫煙経験のある人が歯周病を引き起こすリスクも、非喫煙者に比べて4.3倍になります。
喫煙の恐さはまだあります。
タバコを吸うと血管が収縮するので、出血しにくくなります。そのため歯周病の初期症状である出血が目立たないのです。気づくことが遅れると、歯医者に行くタイミングを逃してしまいます。「だから喫煙者の歯周病は悪化しやすい」と言われるのです。

まだあります。
血管が収縮すると、体内の血行が悪くなります。血液は細胞の活性化に欠かせない酸素と栄養を運んでいるので、血液の巡りが悪いと傷の治りが進みません。
そのため、歯周病によってダメージを受けた歯肉の炎症は、なかなか治りません。
「だから喫煙者の歯周病は治りにくい」と言われるのです。

つまり、喫煙者の歯周病は、普通の歯周病よりはるかに危険であるといえます。

喫煙習慣がどのように歯周病を悪化させるのか

喫煙習慣がどのように歯周病を悪化させるのか

さて、喫煙習慣はどのように歯周病を悪化させるのでしょうか。歯周病は歯周病菌によって引き起こされるのですが、このとき体が健康だと「免疫」という機能が作用して歯周病菌を退治してくれます。
しかしタバコに含まれるニコチンは白血球の働きを抑えるので、免疫機能が落ちてしまうのです。すなわち、喫煙者の歯周病は「歯周病菌のなすがまま」の状態になり、悪化してしまうのです。

さらにニコチンは歯にこびりつきます。喫煙者の歯が茶色くなってしまうのは、ニコチンのせいです。ニコチンは歯の表面を荒くしてしまうので、歯周病菌が付着しやすくなります。
プラークや歯石だけでなく、歯の表面のニコチンも歯周病菌の「巣」になるので、喫煙者の口のなかは歯周病菌の「天国」のようなものなのです。

ニコチンは血管を収縮させて歯周病による傷を治りにくくするだけではなく、傷を治す「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」という細胞の働きを抑制してしまいます。
喫煙者の歯周病による傷の治りはWで悪くなるのです。

まとめ~「もう10年以上吸っているしな」と、禁煙をあきらめる必要はありません

先ほど「10年以上の喫煙経験のある人が歯周病を引き起こすリスクは非喫煙者に比べて4.3倍になる」と紹介しました。だからといって、10年以上タバコを吸い続けている人が、「どうせ歯周病になるくらいなら」と、喫煙を続けることは、正しい選択ではありません。
なぜなら、日本臨床歯周病学会によると、禁煙することで歯周病のかかりやすさは4割減るからです。
もちろん、禁煙すれば肺がんリスクも減ります。
禁煙は「1害もなく100利あり」なのです。歯と肺と心臓を長く使うために、ぜひ禁煙を成功させましょう。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい