歯科コラム

インプラント治療で大切な医院の設備・機器や治療環境

大人であっても、歯科治療のときの音や痛みからくる恐怖感や、歯科医院の雰囲気が苦手で、受信したくないという人は少なくありません。
まして、インプラントは自由診療なので、各歯科医院ごとに費用や治療内容が大きく異なってきます。「費用をできるだけ抑えたい」「十分な保証をしてもらいたい」「見た目にこだわりたい」など患者さんのニーズに合わせたきめ細やかな治療をしていく必要があります。そのためには、よい歯科医院を選ぶ必要があります。

どこで技術を学んだか明らかに

よい歯科医院の見分け方:その1 
どこで技術を学んだか明らかにしている

歯科医がインプラントなどの技術を学ぶ場として、大学病院などの医療機関、インプラントメーカーなどが提供する講習会、公的な学術研究団体が認定する施設での講習会、海外研修、といった選択肢があります。
講習期間は1日~数か月までさまざまですが、多くの場合修了すると認定証が発行されます。
歯科医院の壁にこうした認定証が貼りだしてあれば、その医師がどういったところで技術を学んだのかを測る目安になります。

よい歯科医院の見分け方:その2 最新の技術を学んでいる

インプラント治療も、その他の医療と同じく日進月歩で技術が進んでいます。熱心な歯科医師は、忙しい勤務のあいだを縫って新たな知識や技術を学ぶ講習会や学会に参加したり、他の歯科医師の治療例を共有したりしています。
また、治療機器も日進月歩で技術革新が進んでいます。古い機械を使い続けている歯科医院は最新の技術に通じていない可能性もあります。
また、インプラント治療は、歯科医師がひとりで行うことではなく、歯科衛生士や麻酔医などのチームで行う医療です。そのため、院内のスタッフが皆こうした最新の技術に通じている必要があります。

よい歯科医院の見分け方:その3 治療方針を明確に説明してくれる

治療方針を明確に説明

名医を選ぶときにもっとも大切なのは、この点です。治療のメリットやデメリット、万が一トラブルが起きたときの対処や、治療後の生活習慣に関するアドバイスなど、治療の方針をこまやかにはっきりと説明してくれる歯科医師を選びましょう。初めての手術で不安感がある場合や疑問に感じる点があれば、はっきりと歯科医に問いただし、真摯に受け答えてくれる歯科医が「名医」といえます。

よい歯科医院の見分け方:その4 院内の雰囲気がよい

その3とも通じますが、歯科医師や歯科衛生士の対応が冷たく事務的で、疑問があっても質問しにくい雰囲気の歯科医院は、避けたほうが賢明です。
インプラント治療は手術後も定期的なメンテナンスが必要なので、10年単位で歯科医との関係が続く治療です。信頼がおけることを第一にして、治療先の医院を選ぶことをおすすめします。

武蔵新田まつ歯科では、インプラント治療について無料相談を受け付けております。お気軽にご相談お待ちしております。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい