歯科コラム

歯周病ケアで未来が変わる!老後に大きな影響を与える歯周病

食事を美味しく、楽しくいただくためにもっとも大切といえるものは「歯」。食べ物をしっかりと噛みしめて味わってこそ、美味しくいただけるというもの。老後に歯が弱ってしまったり抜けてしまっては、食べたいものを好きに食べられなくなるかもしれません。今からしっかりと対策をして、自分の歯で食事を美味しく楽しみましょう。

“8020(ハチマルニイマル)運動”をご存知ですか?

“8020(ハチマルニイマル)運動”とは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という、1989年に、当時の厚生省と日本歯科医師会との間で推進がはじまった運動のことです。歯が20本以上あれば、楽しく美味しい食生活を送ることができると言われており、老後も自分の歯で食べることを楽しもう!ということが大きな目的です。

お年寄りが入れ歯なのはなぜ?

お年寄りが入れ歯なのはなぜ?

お年寄りといえば、「歯が弱い」「入れ歯」のイメージがありますよね。それはつまり、歯が弱っている、歯が抜けているという証拠です。通常人の歯は、親知らずを含めると32本、含めずですと28本あります。日本人の歯の平均本数(年齢別)を見てみると、40歳の時点では平均27.5本と、親知らずを含めない28本にほぼ近い数となっています。しかし、10年後の50歳では24.8本、さらに10年後の60歳の時点では、21.3本と、10年で3本ずつ歯を失っているという結果に。“8020(ハチマルニイマル)運動”の目標数が60歳でギリギリということになってしまっています。そしてなんと、70歳になると平均本数は15.2本。ついに20本を下回ってしまいました。80歳にもなると、平均8.9本しか自分の歯がないという状況です。40歳まではほぼ歯が揃っていたのに、急速に歯を失ってしまうのはなぜなのでしょうか。

歯を失う原因で最も多いのは…

虫歯だ!と思った方、残念、不正解です。正解はなんと「歯周病」。え!?と驚いた方も多いのではないでしょうか。歯周病は、初期段階での自覚症状がほとんどないため、気がつかない人がほとんどなのです。そして、気がついた頃にはかなり進行しており、取り返しがつかなくなっていることも。さらに、日本人の成人の約8割は歯周病だといわれており、油断大敵の病気なのです。

楽しい老後生活のためにも歯周病ケアを!

楽しい老後生活のためにも歯周病ケアを!

70歳で自身の歯の半分ほどがなくなってしまうということは、その頃から入れ歯などをしなければならず自由な食事を楽しめなくなる可能性があるということです。食生活が潤って満足いく食事ができてこそ楽しく生活ができるというもの。今からでも、できる限りのケアを行いましょう。
・先ずは歯医者さんへ
現在の歯の状態がどうなっているのか、特に歯周病は初期段階の自覚症状がありませんから、歯科検診でしっかり診てもらいましょう。初期段階で発見できれば早期対策を打つことができます。
・日々のケアを見直しましょう
歯磨きは正しくできていますか?歯と歯の間の汚れはしっかり落とせていますか?これらは、歯を守り、歯周病予防にもとても効果的です。食後には必ず歯磨きを。そして、寝る前は特に念入りに歯のケアをしてください。寝ている間に歯や歯茎に残ってしまった細菌が繁殖しやすいのです。

シニア世代に、老後の後悔はなんですか?と質問したところ、約3人に1人は「歯の定期検診を受ければ良かった」と答えたそうです。やはり、食べる楽しみが制限されてしまうことへのストレスは想像以上に大きいものなのですね。これを機に、定期的な歯科検診を受ける習慣をつくり、健康的な歯を保っていただければと思います。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい