歯科コラム

自分の歯のように噛める!インプラントをして良かった点

歯医者さんでインプラント治療を考える際に気になるのが、治療をしてどうなるのかということ。インプラントにして何が変わるのか、どんな良いことが待っているのか、とっても気になりますよね。インプラント治療をしてどんなところが良かったのか、様々な声を集めました。

インプラントにして良かった点

インプラントをして何が良かったのか、代表的な「良かった点」をご紹介します。

「しっかり噛むことができて、食事が楽しめるようになった」

しっかり噛むことができて、食事が楽しめるようになった

インプラントは、入れ歯やブリッジのような、つけている時の痛みや違和感がほとんどありません。入れ歯やブリッジでは、痛みや違和感から食事を思うように摂ることができなかったり、硬いものが噛めなかったりと、食事を満足して楽しめないという方も多いのです。インプラントなら、人工の歯1本1本を骨に埋め込んだネジが固定するので、違和感はほとんどありませんし、他の歯に負荷をかけることもないので、痛みもありません。また、均等に力が伝わるので、硬いものやお餅のような粘りのあるものでも、しっかりと噛むことができ、食事を美味しく、ストレスなく楽しむことができます。

「はずれる心配がなくなった」

インプラントは、骨に埋め込んだネジでしっかりと1つの人工歯を固定します。他の天然歯と変わりなく固定されているので、ぐらついたり、はずれるという心配はほとんどありません。入れ歯や差し歯、ブリッジなどは、「はずれたらどうしよう…。」という心配がつきものですが、その心配をすることなく、美味しく食事をしたり、話をしたり笑ったりということを、ごく自然に行うことができるのです。

「見た目がとてもきれいになった」

見た目がとてもきれいになった

入れ歯にすると、どうしても留め金の部分がみえてしまったり、はずした時に口がすぼんでしまったりと見た目の部分で不安になることがあります。インプラントなら、人工歯を固定するネジは隠すことができるので、見た目には人工歯なのかどうかわからない程、自然な仕上がりになります。また、歯並びを調節しながら埋めていくことができ、見た目にもとてもきれいな歯を手に入れることができます。

「取りはずす手間がなくなった」

入れ歯の方は、ブラッシングや洗浄時には入れ歯をはずして、専用の洗浄剤で洗うという手間がかかりますが、インプラントは、取りはずすということはなく、他の歯と同様にブラッシングを行うだけで良いのです。専用の歯磨き剤も必要ありません。これまで通り、正しい方法で丁寧にブラッシングをすることや歯科検診を怠らないことが一番大切なケアです。

このようにインプラント治療を受信頂いた患者様から非常に多くの喜びの声を頂いています。是非、あなたも武蔵新田まつ歯科でご相談を受診されては如何でしょうか?

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい