歯科コラム

「マウスピースは目立つから嫌」の心配はもういらない!最新のマウスピースは「目立たない!」「取り外せる!」

歯並びにコンプレックスがあっても、歯列矯正になかなか踏み切れない理由として、「金属製のブラケットやワイヤーを装着して、見た目が変わるのがイヤ」という声があります。最近では、目立ちにくい裏側矯正などもありますが、歯科医のスキルにも左右されますし、費用も高めです。
そんな、従来の矯正法に抵抗があるという方におすすめしたいのが、無色透明のマウスピースを装着することで歯並びを整える、マウスピース矯正です。

マウスピース矯正に向いている人、その特徴

マウスピース矯正に向いている人、その特徴

マウスピース矯正では、まずCTスキャンや3DのCADなどを使って患者さんの歯型を取り込み、理想の歯並びになるように少しずつ歯の位置を変えたマウスピースを作成します。これを歯の動きに合わせて順番に装着していくことで、きれいな歯並びが手に入れられるのです。
マウスピース矯正は以下のような方におすすめです。

■矯正していることを知られたくない人
マウスピース矯正に使うマウスピースは、無色透明なので他の人からは矯正していることがほとんど気づかれません。人前に出る職業などで外見が変わるのがイヤ、また矯正していることでからかわれたりするのがイヤというお子さんでも安心です。

■金属アレルギーの人
金属アレルギーがあると、金属製のワイヤーやブラケットを装着できません。一方、マウスピースならアレルギーが起きないので安心です。

■スポーツをしている人、部活動をする中高生
激しいスポーツをしている人は、転倒した際に矯正器具で口の中を傷つける可能性があります。その点、マウスピースは取り外せるので、安心です。また、従来の矯正器具と異なり、頻繁な調整が必要ないので、通院も2~3カ月に一度程度。部活や受験、留学などで通院ができない学生さんでも、治療を受けやすいのがメリットです。

■前歯だけなど軽微な矯正だけしたい人
マウスピース矯正はこれまで、抜歯が必要なレベルの歯列矯正や大がかりな治療は難しいとされてきました。しかし最近では、海外を中心に難症例での治療成功例も出ています。一方、目立つ前歯だけ矯正したいという場合でも対応できるのが良い点です。

患者さんの生活面での負担が少ない治療法

患者さんの生活面での負担が少ない治療法

マウスピース矯正では、完全に歯を動かすのは難しく、多少の傾きやデコボコが残ってしまうというデメリットもあります。しかし、目立たない、生活面で大きな支障が出ないという点では患者さんに大きなメリットがある治療法です。ぜひ、専門の武蔵新田まつ歯科クリニックに相談してみてください。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい