歯科コラム

インビザラインはどういう人に人気があってどのようなメリットがあるの?

お顔の印象を大きく左右する口元。美しく、歯並びの良い口元には誰もがあこがれるものです。歯並びの良い口元を叶えるために、歯医者さんで歯列矯正を行う人は増加傾向にあります。芸能人や人前にでる仕事の人だけでなく、一般的にも浸透してきました。ところが、従来のブラケット歯列矯正は、矯正期間中の外見が悪目立ちすることや、口腔内の不快感などのために敬遠されることも。そんな悩みを解決してくれると人気を集めているのが、インビザラインです。

芸能人や中高生に人気のインビザラインは

芸能人や中高生に人気のインビザラインは

従来、歯科における歯列矯正ではワイヤーとブラケットを用いるケースが多かったのですが、インビザラインはアライナーと呼ばれる透明な装置を使用します。アライナーは、歯の表面にワイヤーを渡してある場合と比べるとほとんど目立たず、装着していることが分かりにくいです。そのため、芸能人やモデル、そして政治家や営業職など、人前にたつ職業の人に人気があります。また、思春期にある中高生などのティーンエイジャーにとっても周囲からの視線が気にならないことで人気が高まりつつあります。

インビザラインのメリットその1:矯正中だと気がつかれにくい

歯列矯正に二の足を踏むとしたら、矯正装置が目立つということが理由として真っ先に挙げられるでしょう。インビザラインは限りなく透明に近い医療用プラスチック製ですので、見た目が気になりません。また、半導体製造にも使われているステレオイソグラフィーというテクノロジーにより精密な加工を行うので、かたちも歯型にぴったりです。透明で、かたちもぴったりなので、矯正中だと気がつかれにくいという大きなメリットがあります。

インビザラインのメリットその2:矯正中の苦痛が少ない

インビザラインのメリットその2:矯正中の苦痛が少ない

矯正中に感じる苦痛として、装置装着時の違和感、口の開け閉めによって口腔内が傷つくことなどが挙げられます。インビザラインはデジタル加工によって歯型とずれのないよう作られるので違和感が少ないという特徴があります。また、食事中には装置を取り外しできますので、口腔内を傷めるという悩みからも解放されます。平均2年から2年半ほどを要する矯正期間。そのあいだも、快適に毎日の食事を楽しめるというメリットは、とても嬉しいものです。

現代を生きる人にとって、歯並びを美しく保つことは当たり前になってきました。矯正中であることが傍目からは分かりにくいということは、歯列矯正に踏み切るためのハードルをグっと下げてくれます。クオリティ・オブ・ライフを高く保ちつつ治療することができるという大きなメリットもあります。人と接する機会の多い方や中高生をはじめ、どういう人にとってもメリットの大きいインビザラインを試してみてはいかがでしょうか。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい