歯科コラム

虫歯ができても大丈夫?インビザライン矯正中に虫歯ができた場合

透明に近いマウスピースのようなものをはめることで歯列矯正をおこなっていく、インビザライン。矯正をはじめる第1段階で歯型をとり、コンピューターシステムで精密なシミュレーションをおこなった上で、治療開始から完了までのすべての段階のマウスピースを1度につくってしまうことが特徴的です。他のマウスピース矯正とは異なり、診察の度に歯型をとってマウスピースを作成するという方法ではないので、当初のシミュレーション通りに歯が動かず、組み立てた治療計画からずれてしまうと、すべてのマウスピースをあらためてつくる必要がでてくる場合があります。
さて、ここで気になるのが治療中の虫歯です。インビザラインは一番はじめに治療につかうすべてのマウスピースをつくってしまいますから、途中で歯の形が変わったりしてしまうとマウスピースが合わなくなってしまいます。ですから、虫歯や歯周病といった口内のトラブルは、インビザライン矯正前にしっかり治療しておくことがのぞまれます。しかしそうはいっても、治療中に虫歯は絶対できないとは言い切れません。インビザライン矯正中に虫歯ができた場合、どうすれば良いのか、どのような手順がふまれるのかをご説明します。

インビザライン矯正中に虫歯ができてしまったら…

インビザライン矯正中に虫歯ができてしまったら…

矯正をはじめる前に虫歯治療をしていても、矯正中に丁寧に歯をみがいていても、どうしても虫歯ができてしまったということなら仕方のないことではあります。ただ、インビザラインは冒頭でご説明したとおり、1番初めに治療計画を綿密なシミュレーションのもと立てて、それにもとづいて治療工程すべてのマウスピースを作成してしまいます。1番初めに型を取った歯の形とことなっては、せっかく制作したマウスピースすべてが無駄になってしまう可能性もあります。ただ、虫歯の大きさや状態によっては、治療が可能な場合もあります。

■小さく簡単な治療ですむ虫歯ならOK
インビザラインは、シミュレーションによってつくられたマウスピースを段階的につけていく矯正方法です。マウスピースは取り外し可能なので、歯磨きやマウスピースのそうじは毎日行うことができます。本来であれば歯みがきなどデンタルケアを十分におこない虫歯を予防することが最も良い方法なのですが、歯を磨いていても虫歯になることもありますよね。その場合、歯の形がかわってしまうので詰め物などはできませんが、比較的小さく簡単な虫歯治療であれば治療することができます。ブラケット矯正のような取り外しができないワイヤー器具を口内にとりつける矯正方法では、虫歯があっても器具がじゃまをして治療できない場合もあるのですが、インビザラインは取り外し可能なので、どちらかというと他の歯列矯正より虫歯の治療がしやすいともいえます。また、歯並びがわるいために隣の歯に隠れた部分が虫歯になっていた場合、矯正することで虫歯が表にあらわれることもあります。虫歯が隣の歯に隠れている段階では、隣の健康な歯を削っての虫歯治療が必要ですが、歯列矯正であらわとなった虫歯は、他の歯を削ることなくその部分だけの治療が可能です。取り外しできるインビザラインなら、スムーズに治療をおこなうことできます。

■大きく歯を削る虫歯はNG
歯を大きく削り、その部分にかぶせものやつめものをしなければいけないほどの虫歯は、治療をすると歯の形がかなり変わってしまいます。早急に虫歯治療をしなければいけないとなれば、やはり治療後の歯の変形はさけることができません。歯の形が変わってしまうと、治療開始段階で作成したマウスピースは、もう歯型と合わなくなり使えなくなるので、また歯型をとりなおして精密なシミュレーションをおこない、1からすべてのマウスピースを作成しなおすことになってしまいます。もちろん、その分費用もどんどんかさんでいってしまいます。大きく歯を削らなければいけないような虫歯では、インビザライン矯正をそのまま続けることが難しいので注意しましょう。

虫歯対策は万全におこないましょう

虫歯対策は万全におこないましょう

インビザライン矯正は、矯正器具のマウスピースが取り外しができるというところが大きなメリットです。つまりその分、しっかりと丁寧に歯磨きができるということ。毎食後正しい方法で歯みがきをおこない、さらにデンタルフロスで歯と歯のすき間をそうじ、デンタルリンスで最近の繁殖をおさえるといったケアをしていれば、虫歯になる可能性は極めて低くなるでしょう。普段何気なくおこなっている歯みがきの仕方では、もしかすると不十分かもしれません。せっかくインビザライン矯正の経過観察で1~3か月に1度歯医者さんで診察をうけるのですから、その際に正しい歯磨き方法の指導もしてもらいましょう。せっかくインビザライン矯正の治療が順調に進んでいたのに、虫歯になってしまったがためにマウスピースを1から作り直さなくてはいけない!なんてことにならないよう、普段から虫歯対策は万全にしておきましょう。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい