歯科コラム

インプラントと差し歯の違いは何なのでしょうか?

「前歯が差し歯だったのだけど、インプラントに変えたよ!」「歯をつけるなら、インプラントがいいみたいだよ!」最近こんな話を聞いたことはありませんか?なんだか、みんな「インプラントはいい、すごい!」と言っているようだけれど、結局のところ差し歯と何がちがうのかよくわからない……。そう思っている方も多いのではないでしょうか。実は、インプラントと差し歯は治療方法も費用面も全く異なるものなのです。今回は、気になるけれどなかなか良くはわからない、インプラントと差し歯のちがいについてご説明します。

自分の歯が必要?必要でない?

自分の歯が必要?必要でない?

実は、インプラントと差し歯では、自分の歯が必要かどうかが異なります。インプラントの場合は、歯ぐきに埋まっている、歯を支える歯根という部分についても人工のものに変えますが、差し歯は歯根については自分自身の天然のものを利用します。インプラントは、あごの骨に穴をあけて、そこに人工歯根となるボルトのようなもの=インプラントを埋め込み、そこに人工歯を固定する治療法です。一方差し歯は、歯の部分が失われてしまっても、その下に残っている天然の歯根を利用して人工歯をかぶせる方法をとります。歯周病などで自分の天然歯が抜けてしまい、歯根部分も弱っている場合は、差し歯にすることはできないということになります。

見た目や耐久性のちがいは?

インプラントと差し歯では、治療から時間がたった時の見た目の変化や耐久性の強さがちがいます。インプラントは、あごの骨にボルトのようなもの=インプラントを埋め込み、その上にアバットメントという接続器具を取り付けます。アバットメントは、人工歯とインプラントを接続し、しっかりと固定しする役目を果たします。インプラントに用いられる人工歯は、セラミック製の強度が強いもので、見た目も天然の歯のようにとてもきれいで見分けがつかないほどです。人工歯根でしっかりと固定されるので、固いものでもしっかりと噛むことができます。歯が弱かったという方でも、歯の根の部分から変わるので、その違いが実感できるでしょう。ただ、噛む力については、天然の歯根を利用する差し歯の90%ほどにとどまり、噛む感触も天然の歯根には及ばないのも事実です。
差し歯の場合は、噛む感触についてはインプラントよりも優れています。自分自身の歯根をつかって噛むので、やわらかいものや固いものといった噛む感触がしっかりと体に伝わるのです。しかし、見た目については少々困ったところもあり、天然の歯根につける、人工歯の土台となる金属部分が経年劣化で黒ずんでしまうことがあります。差し歯の人の歯茎が黒くなってしまうのはこのためです。しかし、最近ではできるだけ金属をつかわないよう、かぶせものにセラミック製のものを利用するといった治療も行われてきています。また、天然の歯根を利用することもあって、歯根自体が弱って折れてしまう歯根破折(しこんはせつ)になってしまうこともあります。虫歯などで弱った部分の歯根を利用しているので、その歯根自体も弱っている可能性が高いのです。差し歯がとれた、割れたと聞くのはこのためですね。

費用のちがいはどう?

費用のちがいはどう?

インプラントと差し歯では、費用面でかなり違いがでてしまいます。インプラントは残念ながら保険適用外の自費治療に入りますので、3割負担といった健康保険の補助が出ません。一方、差し歯については、特殊なかぶせもの等を使わずスタンダードな治療であれば保険適用内となり、費用の負担は軽く済みます。見た目や耐久性に優れているインプラント治療ですが、最新の技術が必要ということもあり、少々費用がかかってしまうのが現実です。費用とその効果、ご自身の目標や目的に合わせて十分に検討する必要があります。

歯医者さんに相談してみよう

インプラントがなんだかよさそうだ、いや、差し歯のほうがよいのかもしれない、いろいろと考える要素が増えたのではないかと思います。現在の人工歯治療の流れでいえば、インプラント治療が話題となっているのは事実ですし、見た目の美しさから、審美歯科(歯の健康と美しさを考えた歯科治療)の分野でも注目を集めています。1本だけ傾いて生えている歯をインプラントにして歯並びを整えるという目的の治療もあります。一方、費用面などから差し歯も根強い人気ですし、セラミックのかぶせものを使用する治療事例が多くなっていることもあり、見た目の問題も少しは解消されていくでしょう。ただ、自分自身の希望だけでは確実な治療を決めることは難しいです。インプラントや差し歯をご検討の方は、自分にはどちらが良いのか、機能性や費用面など総合的に歯医者さんへ相談してください。現在の自分の歯の状態を診てもらい、どちらの治療も可能なのか診察してもらいましょう。歯に関することは、何事もプロである歯科医師に相談するのが一番です。少し知識がついたところで、適格なアドバイスを受けに、定期検診がてら武蔵新田まつ歯科クリニックへお越しになられてはいかがでしょうか。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい