歯科コラム

本当に怖い!歯周病が全身に及ぼす悪影響

「沈黙の病気」とも呼ばれる歯周病。強い痛みなどの自覚がないまま進行するので、気が付いたときは手遅れ……というケースも多い病気です。歯周病は進行すると、もとに戻らない病気です。歯がグラグラする、歯茎が下がってきた、歯が抜けたというような症状が出ても、健康な時の状態に戻すことはできないのです。さらに、歯周病は歯だけでなく、全身の疾患につながることがわかっています。
歯周病菌は、腫れた歯肉から血管内に侵入し、全身をかけめぐります。その結果、さまざまな恐ろしい病気を引き起こすのです。歯周病によってり患する主な病気とはどのようなものでしょうか?

心疾患

心疾患

心疾患は、食生活や運動、ストレスといった生活習慣が引き起こす病の一つ。歯周病にかかっている人は、かかってない人と比べて、心疾患を発症するリスクが高いことがわかっています。歯周病が重症であればあるほど、発症リスクも同時に高くなると言われています。これは、歯周病によって歯茎で発生した炎症性物質が血流によって心臓血管に影響を及ぼすためと考えられます。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎とは、食べ物や異物を誤って気管や肺に飲み込んでしまうことで発症する肺炎です。高齢者や認知症患者、手術直後の人などが多く発症します。肺や気管は、咳をすることで異物が入らないように守ります。しかし、加齢などで抵抗力や身体の機能が衰えると、この働きがうまくできなくなり、気管や肺に異物が入ってしまうのです。誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは、歯周病菌だといわれています。

骨粗しょう症(こつそしょうしょう)

骨粗しょう症(こつそしょうしょう)

骨粗しょう症は、加齢やホルモンバランスの乱れ、長年の生活習慣などにより、骨が弱くなる病気です。歯が弱くなると、歯を支える歯周組織にも影響があると考えられます。歯周病は、歯を支える歯茎を破壊します。歯槽骨が弱くなると歯周組織の破壊が進むため、骨粗しょう症は歯周病を進行させる一因だと考えられます。
歯周病は、女性ホルモンの分泌と関係があると考えられています。更年期になると、ホルモンバランスが崩れて骨粗しょう症になりやすくなります。中年以上の女性はとくに、歯周病にかかるリスクに注意すべきです

妊娠・出産へのリスク

歯周病と関係の深い女性ホルモンは、妊娠後期になると月経時の10?30倍も分泌されます。また、つわりでデンタルケアがおろそかになり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。歯周病の妊婦は、早産や未熟児を出産する確率が7倍にも増加すると言われています。タバコやアルコール、高齢出産などによる早産や未熟児出産の割合よりも高い確率です。妊婦でも、歯科治療は可能です。つわりがおさまった妊娠中期ごろに一度歯医者さんに行き、歯のクリーニング、歯垢除去などのケアを済ませておくと安心です。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい