歯科コラム

親知らずを抜いてから抜歯までの過ごし方

親知らずを抜いて1週間くらいは日常生活に支障が出るくらい痛みと腫れが気になりますよね。歯医者さんから歯を抜いた後の注意事項をきちんと守れていますか?注意事項を守らないと治るまでの時間が長引いてしまいますし、合併症を引き起こす可能性があります。多くのの歯科医院では注意事項を書いた紙が渡されますが、紙を失された、もらわなかった方は以下の事を守りましょう。

親知らずを抜いたらすぐに薬を飲む

親知らずを抜いたらすぐに薬を飲む

親知らずを抜いたら抗生剤・痛み止めが処方されます。麻酔が切れるまで1~3時間くらいかかります。麻酔が切れる前に痛み止めを飲んでおくと良いです。また麻酔が切れるまで食事は控えましょう。誤って口の中を噛んでしまう恐れがあります。
抜いた所からバイ菌が入る可能性があるので抗生剤は必ず飲み切りましょう。薬を飲んでいてもバイ菌が気になる方はうがい薬で優しくゆすぎましょう。

親知らずを抜いたその日は安静に

親知らずを抜いた日は体に負担がかかっています。なるべくゆっくり休むようにしましょう。親知らずを抜いた日は血がたくさん出ますので、飲酒、お風呂に浸かる、激しい運動をする等の血行が良くなることはしないでください。抜いた部分を上にして寝ると血が出にくくなります。

親知らずを抜いてから抜糸までの過ごし方

親知らずを抜いてから抜糸までの過ごし方

親知らずを抜いてから2、3日は腫れや痛みが続きます。軽く冷やしましょう。ただし、冷やし過ぎは良くないので注意しましょう。温めると出血がひどくなりますから避けましょう。傷口に歯ブラシが当たると治りが遅くなるので抜いた部分に当たらないよう注意してください。どうしても歯磨きをしないと気になるという方は傷口に近い部分はガーゼで優しく拭って汚れを落としてみましょう。歯磨き粉は傷口にしみますから1週間ほど控えましょう。うがいはきつく行わず、口に含む程度にしてください。あまり強く行うと傷口のかさぶたが剥がれ治りが遅くなり、ドライソケット(骨が露出した状態)になる可能性があるので注意しましょう。親知らずを抜いて数日は口を動かしただけで出血することがあります。放っておくと止まりますが、気になる方は清潔なガーゼやティッシュを丸めて10分程咬んで止血を行ってください。食べ物は親知らずを抜いた方と逆の部分で咬みましょう。

糸が気になっても触らない

親知らずを抜くと穴をふさぐために糸で縫います。抜糸は親知らずを抜いてから約1週間後に行います。それまでは親知らずを抜いた部分の穴や糸に食べ物がよく挟まりますが、気になって舌で触ったりすると治りが遅くなるので注意しましょう。また何もしていなくても糸が取れることがありますが放置していても問題はありません。

以下に当てはまる方はすぐに武蔵新田まつ歯科へお越しください。

薬が体に合わなくて不調を訴える方や血が止まらない場合はすぐに武蔵新田まつ歯科へお越しください。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい