歯科コラム

歯石を取るとき痛いの?痛くない歯石除去ってあるの?

久しぶりに歯医者さんへ行って歯石除去してもらう時、前歯や奥歯など歯石が溜まりやすい場所の痛みや出血など、嫌な思いしたことはないでしょうか。
実は、その痛い歯石除去を痛みなしで歯を綺麗にする方法があります。
今回は、歯石除去で歯が痛い原因、そして痛くない方法についてご紹介します。

歯石がたまっていると痛みが出る?

歯石がたまっていると痛みが出る?

歯医者さんでの歯石除去で痛みが出る原因は、歯に付着した歯石によるものです。
歯石は、毎日の食事で歯に付着した歯垢が歯の再石灰化と一緒に固まってできた物体です。ですので、磨き残しの多い歯茎の近くや歯と歯の間にできやすく、2日もあれば固まってしまい、普段のブラッシングでは取れなくなってしまいます。
厄介なのが、定期的に歯医者さんに行かずに放置し、付着した歯石です。歯石は、長期間放置すると、歯茎の内側に付着し、腫れた状態で、歯石除去でも取るのが大変になります。
その状態で歯石除去をすると、取るために歯科医師が力を加えるため、痛みが出やすくなります。また、それだけではなく、歯茎に溜まった歯石を取ることで歯茎が下がり、象牙質が露出した状態になります。露出した象牙質は、刺激を受けやすく、知覚過敏や痛みが出やすいのです。

意外と知らない痛くない歯石除去

ただ、歯石除去は方法次第で痛みなく歯をスッキリした状態にできます。
その方法とは、痛みの原因となる腫れた歯茎を治して、歯石が歯茎の中に溜まり固くなる前に除去してもらうことです。
歯石除去の痛みは、細菌だらけの固まった歯石で歯茎が炎症を起こし、腫れた状態で刺激してしまうためです。ですので、普段のブラッシングやデンタルフロスなどのオーラルケアをして健全な歯茎になってからの方が痛みが少ないのです。
もう一つは、当たり前のことですが、溜まった歯石を放置せず、定期的にメンテナンスしてもらうことでしょう。

歯石が溜まりにくいオーラルケア習慣が大事

歯石が溜まりにくいオーラルケア習慣が大事

歯石除去で痛い思いをする前に、歯石が溜まらないようにしっかりとしたオーラルケアが大切です。歯石は、歯茎付近や歯の間に溜まりやすいので、柔らかめの歯ブラシでやさしくブラッシングして、デンタルフロスで歯の間の汚れを落としましょう。また、フッ素配合の歯磨き粉は、歯の表面をコーティングして、歯垢が付着しづらくするので、おすすめです。
歯石は、虫歯や歯周病、ひどい口臭の原因になります。定期的なメンテナンスで清潔な歯を保ちましょう。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい