歯科コラム

必要な事は”継続”歯に対する意識を変える予防歯科

皆さんは予防歯科について、どのように捉えていますか?虫歯や歯周病にならないために歯医者さんへ行くことは予防歯科ですが、虫歯や歯周病になっている人はどうでしょう。虫歯や歯周病になっている人にとっては、歯を残すために治療を行うことが予防歯科となります。今回は予防歯科を2つの観点から考えてみましょう。

歯の役割とは

歯の役割とは

虫歯や歯周病で歯がなくなると、なくなった歯の代わりに被せ物や入れ歯で補います。歯の根の周りは歯根膜というもので覆われています。歯根膜では、食べ物を噛んだ時の圧を感じます。しかし、歯を失うと歯根膜がなくなり食べ物を噛んだ時に圧を感じません。入れ歯の人がよく言う、「食べ物を噛んだ時に感触がない」というのは歯根膜がないからです。被せ物や入れ歯は本来の噛む感触を失ってしまいます。

治療中の歯は継続して治療を行う

治療中の歯には仮の被せ物を付けます。仮の被せ物には抗菌作用がありますが、仮であるため、抗菌作用は長持ちしません。また、仮の被せ物を長期付けたまま放置すると取れてしまいます。そのようになってしまった部分は、細菌が入り込んで治療を一からやり直ししなくてはいけません。そうすると治療費もかかりますし、治療期間も延びてしまいます。

歯周病治療も予防のひとつ

歯周病治療も予防のひとつ

歯周病になったとしても進行を抑えれば歯を抜く必要はありません。歯周病の治療は歯石除去や薬を塗ること、ブラッシング指導を受けることです。歯医者さんで行う治療だけではダメです。やはり、自分が毎日努力を続けて歯周病を進行させないことが一番の方法です。これは、歯周病や虫歯になっていない人にも共通して言えることです。

治療が終わってもメンテナンスを続けましょう

治虫歯や歯周病の治療が終わっても定期的な歯科検診を受けましょう。定期的な歯科検診を受けることで病気にならないようにすること、早期に見つかった病気を最低限の治療で済ませることが出来ます。歯科検診は保険適用ですが、レントゲン検査や歯周病検査を約3000~4000円で行えます。

予防する方法は色々ある

虫歯や歯周病になっていない人は、今後もならないように予防しましょう。虫歯や歯周病になっていない人は、保険適用外となるのであらかじめ歯医者さんへ行く前に確認を取って下さい。

■歯石除去
歯石は歯ブラシでは落ちず、頑固で放っておくと細菌の住処になります。歯医者さんでは専用の器械を使って落としてくれます。

■PMTC
歯石になる前の歯垢を落とすことをPMTCといいます。PMTCも歯石除去と同様、専用の器械で落とします。

■フッ化物塗布
フッ化物を塗ることで歯を再石灰化し歯を強くします。

■適切な歯磨き
何と言っても最も重要なのは適切な歯磨きを行うことです。歯磨きでは歯ブラシ以外にもデンタルフロスやデンタルリンスを使用するよう心がけましょう。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい