歯科コラム

妊娠中に治療する事で胎児に何か影響はあるの?

妊娠さんであれば誰でも「妊娠中はとにかく健康に過ごしたい」、「元気な赤ちゃんが生まれてきてほしい」と願うものでしょう。妊娠中の禁煙禁酒はもちろんのこと、必要がなければ薬も飲まないにこしたことはありませんね。
では、妊娠中に歯の治療をうけることについてですが、治療中の麻酔やレントゲン撮影は母体や胎児に影響はないのでしょうか?

レントゲン撮影の影響

レントゲン撮影の影響

妊娠中であっても、虫歯や歯周病の治療をうけることは問題ありません。むしろ、歯周病であれば早産のリスクが高まるのでできるだけ早く治療した方がよいでしょう。歯医者さんに行くと、まず歯のレントゲン撮影をすることが多いかと思いますが、これはお腹に直接X線があたることはないので妊娠中でも大丈夫です。防護エプロンをつけて撮影することができますし、歯科でうけるX線の線量は1年間に人体が浴びる自然放射線量と比べても微量です。

麻酔の影響

一般的に歯科でうける麻酔は、全身麻酔のような強いものではなく局所麻酔です。通常使用する量であれば、母体にも胎児にも影響はありません。必要な部分にのみ麻酔を行いますので、打った部分で分解され胎児にまで届くことはないのです。

痛み止めなどの薬の影響

痛み止めなどの薬の影響

原則として、妊娠中の方には薬は使用しません。抜歯をした時などでどうしても痛みがひどく、我慢することが逆に悪影響になってしまうと判断された場合は産婦人科の先生と相談した上で使用することも可能です。もちろんこの場合は、胎盤を通じて胎児に届かないものを選びます。許可された薬でも、用法用量は絶対に守って長期間飲み続けたりしないようにしましょう。
このことからもわかるように、妊娠中は抜歯をしなければならないような大掛かりな歯の治療や、外科手術が必要になるインプラント治療はできるだけさけた方がよいでしょう。インプラントは人によっては抗生物質を飲まなくてはならないこともありまので、産後に授乳の必要がなくなってからがよいでしょう。

歯の詰め物の影響

虫歯治療の際、歯に白い詰め物をしたことがある方もいるかと思います。これは、コンポジットレジンとよばれるものですが、研究により歯に詰める場合は人体に健康リスクを生じる量ではないということがわかっていますので胎児への影響も心配なく、治療をうけても問題ありません。

妊娠中であっても胎児に影響をあたえることなくほとんどの治療をうけることはできますが、日頃から自分でできる口内ケアをしっかりと行っておくことが大切です。3~6ヶ月に1回は定期検診をうけることが望ましいですから、最後に歯医者さんへ行ったのはいつだったかな?という方は、この機会に武蔵新田まつ歯科クリニックで口内をチェックしてみませんか?



-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい