歯科コラム

インプラント治療に不安を抱えている人は無痛麻酔をおすすめします

インプラントは、歯周病などの疾患や事故などで自身の天然歯を失った方のあごの骨に金属のクギ状のパーツであるインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工歯のかぶせものを載せることで、歯並びを取り戻す治療法です。歯茎に金属を埋め込むのは外科的な手術が必要となります。手術に恐怖を感じる、痛みが怖いというように、インプラント治療に不安を抱えている方には、無痛麻酔をおすすめします。

静脈内鎮静法でリラックス

静脈内鎮静法でリラックス

インプラント治療以外でも、虫歯など歯医者さんの治療で麻酔を使うことは一般的です。多くの場合は部分麻酔で、「麻酔の注射がちくっとするのがいや」「痛みは感じないけれど、ドリルで歯を削られる音や、振動がいや」という人も多いものです。
そんな方におすすめしたいのが、「静脈内鎮静法(無痛点滴麻酔)」という治療法です。点滴で麻酔薬を少しずつ注入することで眠くなり、「うたたね」のような状態で治療をうけることになります。手術が始まっても麻酔の効果でリラックスした状態が続くので、痛みや治療への恐怖が和らぎます。

経験豊富な麻酔医が見守るので安心

部分麻酔ではなく、点滴で麻酔薬を投与するとなると、「もし麻酔から覚めなかったらどうなるんだろう…」という不安を感じる方もいるかもしれません。静脈内鎮静法を実施するときは、経験豊富な麻酔専門の医師(麻酔医)が、患者さんの心電図や血圧、呼吸などを常に監視し、異常がないか見守りっています。無痛麻酔を使用しての治療だと、「治療時間があっという間だった」と感じる患者さんが多いようです。
また、麻酔薬と同時に痛み止めや腫れ止め、抗生剤を点滴することができるので、術後の痛みや腫れを抑えることができます。術後はその日のうちに帰宅が可能です。

無痛麻酔は恥ずかしいことではない、気軽に相談を

無痛麻酔は恥ずかしいことではない、気軽に相談を

「治療が怖いから麻酔を使ってほしい」と相談するのが恥ずかしいという方もいるかもしれません。しかし実は、大人であっても、歯科治療が苦手だという人は案外多いものです。無痛麻酔治療は一般的に普及している治療でもあるので、申し出てもなんら恥ずかしいものではありません。それよりも、歯科治療が怖いからといって治療を先のばしにして症状が進行するほうが、のちのち大変なことになってしまいます。
患者さんの不安な気持ちにきちんと寄り添い、適切な治療法を提示するのが、信頼できる歯医者さんです。インプラントの手術のほか一般の歯科治療でも、気軽に主治医に相談してみてください。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい