歯科コラム

無痛麻酔を使ったインプラントの治療について

インプラント治療は歯医者さんで行う歯科治療ですが、治療内容は外科治療と同じように手術が必要になります。治療中はずっと口を開けることになりますので、疲れそうと思う方も少なくないでしょう。でも、インプラントの麻酔には局所麻酔のほかにも痛みをまったく感じない無痛麻酔というものがご存知でしょうか?無痛麻酔なら不安だなと思う方にも安心して治療に臨んでいただけます。

インプラント治療の無痛麻酔とは

インプラント治療の無痛麻酔とは

歯医者さんで行う麻酔というと、虫歯治療の場合のように局所麻酔で痛みを軽減させて治療を行う局所麻酔というイメージがありますが、インプラント治療の場合、1時間程度の長時間にわたって治療を行うので、局所麻酔の場合は虫歯治療の時よりも多い量の麻酔が必要になります。そのため、局所麻酔でのインプラント治療は、恐怖感や不安を感じるという方もいらっしゃいます。
こうした不安をより少なくする方法として、静脈内沈静法という麻酔方法を取り入れている歯医者さんがあります。静脈内沈静法では、麻酔の専門医が問診をしてから麻酔を行います。麻酔の方法は、腕から点滴によって麻酔を入れていきます。この方法では、まるでうたた寝やほろ酔いのような状態になるため、鎮静状態のまま治療が行えます。

無痛麻酔による治療は誰でも可能?

無痛麻酔は、インプラント治療の不安や負担を減らして治療できるので、そもそも虫歯治療などの歯科治療や局所麻酔が怖い、苦手という方にもおすすめできる麻酔方法です。実際、無痛麻酔を選ばれる方には、過去に歯科治療中に気分が悪くなってしまったという方もいらっしゃいます。ただし、心臓や肝臓に疾患や異常がある方や、妊娠している方、麻酔薬の成分にアレルギーがある方などは静脈内沈静法を受けられない場合がありますのでご注意ください。

無痛麻酔での治療で、その他に注意することとは?

無痛麻酔での治療で、その他に注意することとは?

無痛麻酔の場合はいくつかの注意点があります。まず、治療の前日は食べすぎやアルコールの摂取は控え、十分な睡眠をとるようにしてください。また、治療当日についても麻酔直前の飲食は控え、飲食は3時間前に済ませるようにしてください。治療後は眠気やふらつき、意識の混濁などがありますので、自動車やバイクなどの運転は危険です。車やバイクでの通院が必要という方は付き添いの方と一緒に歯医者さんに行ったり、ご家族の方などに迎えに来てもらうのがいいでしょう。また、麻酔が薄れていても体力の回復に時間がかかることもありますので、少なくとも当日中は激しい運動は控えてください。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい