歯科コラム

「空隙歯列」型の歯並びの特徴とデメリットについて

「空隙歯列(くうげきしれつ)」が原因で歯科を訪れる患者さんも多いものです。今回は「空隙歯列」型の歯並びの特徴と、武蔵新田まつ歯科の目線から見たデメリットについてご紹介します。

「空隙歯列(くうげきしれつ)」とは?

「空隙歯列(くうげきしれつ)」とは?

「空隙歯列(くうげきしれつ)」というのは、漢字が示している通り、並んでいる歯の間に隙間が生じている歯並びのことを指します。

生えている歯自体が小さい場合もあれば、歯の数が足りない場合、歯が生えるスペース自体(歯列弓)が大きい場合もあります。

まだ永久歯が生えそろっていない時に起こる「空隙歯列」は、生え変わりの時期に大きい永久歯が生えてくれれば自然と隙間が埋まることもあります。その一方で、永久歯が既に生えそろっている大人の場合は、自然にその隙間が埋まるということはありません。

「空隙歯列(くうげきしれつ)」の種類

「空隙歯列」には隙間がどこにできているかによって、大きく分けて3つのタイプが存在します。

1.前歯に隙間が生じるタイプ

2.前歯、奥歯に関わらず全体的に隙間が生じるタイプ

3.奥歯に隙間が広く生じるタイプ

1.の前歯にできる隙間によるタイプは、空隙歯列の中でも正中離開(せいちゅうりかい)と呼ばれます。この前歯に隙間ができるのが、「空隙歯列」の中でも最も患者数が多いタイプです。

「空隙歯列(くうげきしれつ)」になる原因

「空隙歯列(くうげきしれつ)」になる原因

次に、「空隙歯列」になってしまう原因についても見ていきましょう。

簡単に言うと、顎の骨の成長度合いと歯の大きさの成長度合いがアンバランスであることが原因です。

また、口呼吸や指をしゃぶる癖、舌の癖や歯の数が正常な永久歯の数よりも少ない事が原因となることもあります。

稀に、過剰歯と呼ばれる歯が前歯と前歯の間に存在することがあり、隙間を作っていることもあります。

「空隙歯列(くうげきしれつ)」のデメリット

最後に武蔵新田まつ歯科の視点から見る「空隙歯列」のデメリットについてご紹介します。

1.咀嚼障害
食べ物を噛む際にクチャクチャと音が鳴ってしまい、不潔な印象を与えます。

2.印象悪化
歯を見せて笑った時などの印象が良くない。

3.歯に食べ物が詰まり虫歯になりやすい
歯と歯の間に隙間があるということは、食べ物が詰まりやすくなります。そして歯磨きなどを行っても磨き残しが生じ、虫歯になりやすくなります。さらに歯周病のリスクも高まります。

4.発音障害
息漏れが起こることから、特にサ行の発音に障害が出やすく、舌足らずな印象を与えます。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい