歯科コラム

妊娠中のホルモンバランスの乱れが原因で起こる「妊娠性歯肉炎」とは?

2大歯科疾患のひとつである「歯周病」。歯周病は放置すると歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯周病は男性よりも女性の方がなりやすく、歯の平均寿命も短いと言われています。それは女性ホルモンが歯周病と大きな関わりがあるからです。女性は女性ホルモンの変動が大きな時期が何度もありますが、今回は妊娠中のママさん必見、妊娠時に注意したい歯周病について紹介します。歯周病が妊娠時にもたらす影響を知ることで 、歯周病を未然に防ぎ、健康な口腔状態を保ちましょう!

女性が歯周病になりやすい時期

女性が歯周病になりやすい時期

歯周病の原因菌は10種類以上いますが、その中には女性ホルモンを栄養源として繁殖する細菌が存在します。女性はホルモンバランスが乱れる時期が大きく分けて3回あります。まず1回目は月経がはじまる思春期、2回目は妊娠中、3回目は閉経する時期です。この3回の時期では、口腔内の環境が悪化しやすいので歯周病に罹りやすくなります。また月経時もホルモンバランスが変動するため、気を付けなくはなりません。

妊娠の時期は要注意!

重度の歯周病に罹ってしまうと、抜歯や外科手術、薬物治療などを行います。しかし妊娠中は母胎共に影響を与えないようにする為、歯周病が重症化してもこれらの治療を受けることが出来ません。また、妊娠中はつわりによって口腔環境が悪化し、唾液も分泌低下してしまいます。唾液には自浄作用や抗菌作用という歯の汚れや細菌を落とす機能がありますが、唾液の分泌低下によりこれらの機能が上手く働きません。

歯周病が影響する胎児への影響

歯周病が影響する胎児への影響

歯周病は心臓病や動脈硬化など様々な全身疾患との関係が言われていますが、出産にも影響を及ぼします。健常な母体と比べると、歯周病に罹った母体では早産や低体重児出産の確立が7~10倍にも増えると言われています。この数値は喫煙やアルコール、高齢出産などよりもはるかに高いのです。妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌され少しの磨き残しでも炎症が起こるので口腔ケアが非常に大切です。

歯周病にならないようにする為には

妊娠中に口腔内の違和感を覚える人は約50%以上みられ、早い場合、妊娠初期にも症状が見られることがあります。女性ホルモンは歯周病の原因菌を活性化させますが、歯周病にならない為に最も重要なことは歯をしっかりと磨くことです。歯医者さんでは妊婦さんを対象としたマタニティ歯科の治療を行なっている所もありますから、違和感を覚える前に武蔵新田まつ歯科に、定期的にメンテナンスへ行くように心掛けましょう。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい