歯科コラム

歯周病予防考えてる?歯医者さんの「歯石取り」はどれくらいのペースで行くべき?

歯医者さんへ行った時に「歯石が付いているから取りましょう。」と言われた経験がある人は少なくはないでしょう。では、なぜ歯石が付いているとダメなのでしょうか。歯石はただの石ではなく、放置すると歯周病の原因となってしまうことから除去する必要があるのです。今回は歯周病へ影響する歯石について紹介します。

歯石はなぜ取らないといけないの?

歯石はなぜ取らないといけないの?

歯石とは、食べ物をエサに繁殖したプラークという細菌が石灰化されて出来たものです。歯石そのものには細菌がおらず、歯石自体が悪いものではありません。歯石の構造は細かな隙間が空いており、その隙間から細菌が入り込んで繁殖します。歯石を住処とした細菌は、中で毒素を作り出すことで歯茎に炎症を起こし歯周病を発症させます。

歯石はどこに付くの?

歯石は歯の表面に非常に頑固に付着しています。その為、歯ブラシでは簡単に落とすことが出来ません。歯石は歯茎の上に出来る歯肉縁上歯石と、歯茎の下に出来る歯石縁下歯石がありますが、歯周病の場合では歯肉縁下歯石が多く見られます。最近では歯石を自宅で除去出来るグッズが販売されていますが、歯肉縁上歯石をある程度取ることが出来ても、歯肉縁下歯石までは取ることが出来ません。

歯石は歯科医院で取ろう

歯石は歯科医院で取ろう

歯医者さんで行う歯石取りは、専用の器具を使うことで普段見えにくい部分に付いた歯石を綺麗に落とします。歯石を取ることで、歯石によって磨けていなかった部分に歯ブラシを通すことが出来る為、腫れや出血が起こっていた歯茎の炎症を抑え引き締まった歯茎を取り戻すことが出来ます。また、自分で無理に歯石を取ろうとしてしまうと誤って歯茎を傷つけてしまい、傷口が感染することがあります。歯石を取る時は歯医者へ行きましょう。

歯石取りは3ヶ月に1回のペースで大丈夫!

歯周病は急速に進行する病気ではないので、歯石取りは3ヶ月に1回のペースで大丈夫です。しかし進行した歯周病では、1ヶ月に1回とペースが早くなってしまいますし、歯周病の改善にはかなりの時間がかかってしまいます。また進行した歯周病では歯茎を切って奥深くに出来た歯石を取る手術を行うこともあります。そうならないようにする為にも歯石取りはある程度の頻度で行くことが大切です。

さいごに

いかがでしょうか?歯石自体は悪さをしませんが、歯周病といかに関わりがあるかが分かります。歯周病は放っておくと歯が抜けてしまいます。抜けた歯には入れ歯やブリッジなどを使って補いますが、天然歯より強度が強いものはありませんし、自分の歯で食べ物を楽しみたいですよね。自分の歯を健康な状態に保つ為に歯石取りはとても重要なのです。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい