歯科コラム

「滅菌」・「殺菌」・「消毒」それぞれの違いが気になる!

歯医者さんに限らず病院などの医療機関では、細菌の活動を弱めたり、細菌の数を減らしたりと人体に有害な物質を減らしたり除去するために治療や予防を行っています。病院内で何気なく耳にする滅菌、殺菌、消毒もそれらの中の言葉ですが、それぞれの意味の違いを知っているという方はあまりいらっしゃらないかもしれません。それぞれの言葉には、ちゃんとした理由と目的があります。今回は、それらの言葉の意味と違いについて武蔵新田まつ歯科がご紹介したいと思います。

「滅菌」・「殺菌」・「消毒」、それぞれの違いとは?

「滅菌」・「殺菌」・「消毒」、それぞれの違いとは?

日常生活の中でおそらく一番多く使われているのが「消毒」や「殺菌」ではないでしょうか。消毒とは、細菌の活動を弱めて、細菌の数を減らすことです。消毒によって、細菌の感染力を失わせることで細菌の持っている有毒性を無力化させます。注射や点滴の前に腕に塗るアルコールや、手洗い後に手のひらに塗るアルコール、けがをしたときに塗るオキシドール、ヨウ素系のうがい薬、哺乳類やまな板などの洗浄に使う塩素系の洗剤などが消毒に使われています。
消毒に並んで日常生活でも使用される「殺菌」ですが、殺菌と消毒の違いは、「消毒」とは細菌の数や種類を特定せずに無害化することをいうのに対して、「殺菌」は、ある特定の細菌を死滅させることを言います。そのため、消毒とは似ていますがすべての細菌やウイルスの数を減らす消毒と違い、特定されているウイルスや細菌に対する数を減らす場合には殺菌という言葉を使います。
最後の「滅菌」についてですが、滅菌は字面で見ればわかるように、全てのウイルス、細菌を完全に死滅させて除去することを言います。消毒と同じように、ウイルスや細菌の種類は特定していませんが、微生物の生存する確率が 100万分の1以下になる状態のことを滅菌といい、消毒よりも強い力でウイルスや細菌を取り除く際に使います。
このように、3つとも共通している部分もあり、似ているように見える言葉ですが、細菌の減少率で見ていくと、滅菌→殺菌→消毒の順になっており、歯科医院などの医療機関では、院内でのウイルス感染を防ぐために治療器具を滅菌してから使用しています。

歯医者さんの滅菌方法はすごい!高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)とは?

患者さんのお口の中の治療を行う歯科医院では、衛生管理にも特に厳しい管理が求められています。特にウイルスや細菌の感染には敏感で、治療時に使用する器具は滅菌されているものを使用しなければなりません。また、滅菌することが難しいゴム手袋やコップ、タオルなどは患者さんごとに使い捨てのものを使用し、使いまわしをしないことが基本です。
現在、衛生面に特に気を使っている歯科科院では、使用する切削器具をオートクレーブと呼ばれる高圧蒸気滅菌器にかけて滅菌を行っています。オートクレーブとは、130度以上の高熱と高圧な状態にする装置で、すべての細菌やウイルスを滅菌させる洗浄機能を持っています。現在、最も安全で確実な滅菌方法として一般的に普及していますが、高温で高圧な環境で医療器具を洗浄するため、耐熱性があるなど、オートクレーブの滅菌条件に耐えられる医療器具でなければいけないという条件があります。また、医療器具の中にはオートクレーブに5回程度かけると寿命を迎えてしまうものがあるほど、滅菌力に優れている一方で、器具の消耗も激しいので、医療機関にも手間やコストがかかる器具でもあります。特に、歯医者さんの場合には、タービンと呼ばれる歯を削る際に使用する1本だいたい30万円もする回転切除器具がありますが、オートクレーブによる滅菌をしなければ、他の患者さんに虫歯菌や歯周病菌などのウイルス感染を起こさせてしまう可能性もあるので、オートクレーブで完全な滅菌対策をしてから使用しています。
こうした滅菌などを行い衛生面に対して慎重に対応している歯医者さんもある一方で、十分な滅菌をできていない歯医者さんもまだまだあります。一部の調査結果によれば、一回の治療ごとにタービンをオートクレーブで滅菌している歯科医院は3割以下という実態もあるほどで、完璧な滅菌は大事だけれど、その反面にコストも手間もかかるという実態がその原因となっています。
このように、患者さんの安全面に対してきちんと配慮して滅菌できる器具をきちんと使用できているかどうかも、歯医者さんの選び方の一つとしての判断基準にしておくことが大切です。

おわりに

おわりに

歯科医院だけではく、医療機関においては滅菌や衛生管理はとても大切ですが、手間やコストもかかるため、非常に大変という面もあります。しかし、患者さんの健康を預かるわけですから、手を抜かずにしっかり対処しなければなりません。また、歯医者さんに限らず、お医者さんを選ぶ際には価格やお医者さんの腕、口コミなどの評判などを判断基準にする方もいらっしゃるかもしれませんが、病院内の衛生面がきちんとしていて、院内感染のリスクに対して対応しているということも安全で安心な医療機関の選び方として大切なことです。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい