歯科コラム

歯の神経を抜いたはずなのに…歯が痛い!その原因とは?

神経は体のあらゆるところに通っていますが、もちろん歯の1本1本にもあります。「虫歯がひどくて歯の神経を抜いた」という話を聞いたことはありませんか?虫歯が深くてそれ以上進行させないために神経を抜かなければならないということは、そんなに珍しいことではないかもしれません。では、神経を抜く治療をおこなった後、歯にはどのようなことが起こるかご存知でしょうか?

歯の神経がなくなると…

歯の神経がなくなると…

歯の神経は、血管や神経繊維、リンパ菅などで構成されており、歯の中心部にあります。この神経は、痛みや熱い冷たいといった感覚を伝えるだけでなく、歯に流れている血液によって、栄養の供給や歯の内側にある象牙質を作る働きもしています。さらには、歯の内部に入ってきた細菌を死滅させたりしています。ですから、歯の神経がなくなってしまうと、虫歯などの痛みを感じなくなってしまうだけでなく、歯へ栄養を供給したり細菌を防御したりする力がなくなってしまいます。また、新陳代謝がなくなるため歯が黒くなってしまいます。

神経を抜いたのにまだ痛みが!?

上でお話したように、神経を抜いてしまうと歯が痛みを感じる機能はなくなってしまうのですが、実は神経を抜いたにもかかわらず歯が痛むことがあります。

一時的な痛み

治療時に切った神経の断面が一時的に痛むことがあります。

歯の根の周りの炎症による痛み

治療による刺激で、歯の根の周りに炎症が起きることがあります。時間が経つと自然と落ち着いたり、根管治療を行うことで治ります。

神経や細菌が残ってしまっている

神経や細菌が残ってしまっているため、痛みを感じてしまうことがあります。この場合は根管治療だけでなく、歯の根の先端を切除する(歯根端切開術)ことが必要になることもあります。

他の部分の痛みを感じる

他の歯の不具合が、神経を抜いたことによって起きた痛みだと感じることがあります。これは、本来痛んでいる部分を適切に治療することで解消されます。

治療中の事故

残念ながら、治療中に事故によって痛みが起こることがあります。(根の内部で治療器具が折れて残っている、など)

不安を感じたら武蔵新田まつ歯科へ

不安を感じたら武蔵新田まつ歯科へ

神経を抜いた後は、一時的に痛みや違和感を感じることがあります。その痛みが心配ないものなのかどうか不安な場合は、歯医者さんに相談することをおすすめします。また、治療後に処方された薬があればきちんと飲みきりましょう。
神経を抜いてしまうと健康な歯が持っている機能がなくなるため、歯がもろくなってしまいます。その後もきちんとケアをしてくださいね。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい