診療メニュー

一般歯科

かぶせ物

かぶせ物

かぶせ物とは虫歯などを修復する際に、治療の部分が小さい時に「かぶせ物(クラウン)」という形で修復するときに使います。
残った歯の上に上からかぶせて修復すると思っていただければと思います。

かぶせ物の種類

(1)金属クラウン

金属クラウン

すべて金属で作られたものです。
耐久性が高いので、奥歯によく使われます。

・保険の場合→いわゆる銀歯と呼ばれる種類のもの
・自費のクラウン→ゴールドクラウンなど

(2)白いクラウン(金属+前装(白い材料))

白いクラウン

治療部分が小さい場合はいいのですが、歯全体が見える場所には、金属だけで作ったクラウンは見た目に良くありません。
そこで、中身は金属ベースで表面に白い前装材料を使用したクラウンがよく使われます。

・保険治療→硬質レジン
・自費治療→メタルボンド、ハイブリッドセラミックなど

(3)すべてセラミックの白いクラウン

セラミックの白いクラウン

「金属+前装(白い材料)のクラウン」を使うと、下記の様な欠点があります。

・透明感が表現しにくい(審美性に欠ける)
・歯肉が黒変しやすい
・金属アレルギーを起こす場合がある
・歯肉が黒く見えやすい

そこで開発されたのが、「オールセラミッククラウン」です。
審美性に優れ、変色もせず汚れも付きにくくなっています。
また金属を一切使用していませんので金属アレルギーの心配がありません。
自費治療ではありますが、一番見た目が良い治療法です。

-症状別メニュー- このようなお悩みはありませんか?

虫歯を治したい

白く美しい歯にしたい

虫歯や歯周病を予防したい

歯並びや歯の形が気になる

常にいい状態の歯でいたい

お子さまの歯の治療

知覚過敏について

歯を失ってしまった

銀歯を白くしたい