電話番号
ネット予約
料金表

料金表

※全て税抜き価格表示となります。

補綴

セラミックインレー ¥40,000
オールセラミッククラウン 前歯 ¥100,000
臼歯 ¥60,000
ブリッジタイプ ¥100,000×本数
メタルボンド ¥90,000
ノンクラスプデンチャー 1~3歯 ¥90,000
4~7歯 ¥110,000
8~14歯 ¥130,000
メタルレスト  ¥10,000(1装置につき)
メタルフレーム ¥20,000
金属床 1顎 ¥250,000
クラスプある場合は1装置 ¥10,000

矯正

検査 ¥50,000
1段階矯正
(混合歯列期(乳歯と永久歯が混在しているとき))
¥500,000
2段階矯正
(永久歯に生え変わっている)
¥400,000
調整料 ¥5,000(1ヶ月に1回)
MTM ¥80,000
6歯以上 ¥150,000
チンキャップ ¥50,000
筋機能のスポット訓練 1回 ¥3,000

インプラント

当院ではアストラ社とオステム社のインプラントを取り扱っております。

アストラ社のインプラントについて

アストラテックロゴ

スウェーデンのアストラテック社製のインプラントです。アストラ社のインプラントは、オッセオスピードと呼ばれる独自の表面形状が特徴です。オッセオスピードとは、化学的に処理されたチタン表面を用いた世界初で唯一の技術で、骨組織とより強く結合することで治癒スピードを早めます。

オステムロゴ

韓国のオステム社製のインプラントです。後発のインプラントメーカーですが、世界3大メーカーと呼ばれるブローネマルク社、ITI社、アストラテック社のインプラントの長所を併せ持った、大変優れたインプラントを開発・販売しています。高品質にも関わらず低価格なのも大きな魅力です。

フィクスチャー(アストラ) ※10年完全保証 ¥250,000
フィクスチャー(オステム)※3年完全保証 ¥180,000
アバット(アストラ) ※10年保証 ¥50,000
アバット(オステム) ※3年保証 ¥40,000
ジルコニアアバット ¥80,000
メタルボンド ¥90,000
オールセラミック 前歯 ¥100,000
臼歯 ¥60,000
GFCK ¥70,000
金パラFCK ¥50,000
GBR ¥50,000
サイナスリフト ¥120,000
ソケットリフト ¥50,000
骨材料代 ¥50,000
セデーション ¥60,000
ユニバーサルガイド
※診察料+該当する歯の費用
診断料 ¥18,000
1歯 ¥39,000
2歯 ¥44,000
3歯 ¥49,000
4歯 ¥54,000
5歯 ¥59,000
6歯 ¥64,000
7歯以上 ¥69,000

インプラントと補綴の保証と価格について

●補綴…90日間の免責期間で5年間保証(1本あたり8,800円(税込))
●インプラント…3年の免責期間で10年保証(1本あたり19,800円(税込))

通常のアバットとジルコニアアバットの違い

アバットとはアバットメントの略で、インプラントの上に人工歯を取り付けるための土台となるパーツです。
通常のアバットは金属製ですが、ジルコニアアバットは「ジルコニア(別名「模造ダイヤモンド」)」という素材を使用しています。ジルコニアはスペースシャトルやF1カーのブレーキなどにも用いられるほど高い耐久性を誇ります。また、金属ではありませんので金属アレルギーなども起こさず、生体親和性・安全性が高い素材です。

メタルボンドとオールセラミックの違い

メタルボンド(クラウン)とオールセラミック(クラウン)はどちらも上から被せる人工歯の名称です。メタルボンドは金属の枠組みにセラミック素材を焼き付けて作られているのに対し、オールセラミックは全てがセラミックで作られています。メタルボンドは金属製ですので強度があります。オールセラミックは金属アレルギーの方もお使いいただけ、審美性にも優れています。

ホワイトニング

オフィス 片顎 ¥20,000
ホーム (トレーとシリンジ2本セット) 片顎 ¥15,000
オフィス&ホーム 片顎 ¥30,000

フッ素

歯ブラシとセット 無料

医療費控除

本人又は本人と生計を共にする配偶者やその他の親族の医療費を年間10万円以上支払った場合には、医療費控除が適用され税金が還付又は軽減されます。

控除を受けるための手続き

給与所得者は源泉徴収票、印鑑、医療費メモ(領収書貼付)を持参して税務署へ申告します。税額が還付であれば1月1日、納付であれば2月15日より受付けてくれます。確定申告者は、申告者の医療費控除の欄に記入します。

医療費控除の活用の方法

(1) 医療費控除の対象となる範囲
・医療費控除の対象となる医療費とは次の通りです。
・医師、歯科医師に支払った診療費又は治療費
・保険外の歯の治療費、保険治療の窓口負担などの一切
・人間ドッグに入って、重大な疾病が発見され、引続き治療を要する場合は人間ドッグの費用を含む
(人間ドッグのみは対象になりません)
・治療、療養のための医薬品の購入費
・病院や診療所、助産所へ支払った入院費、入所費(出産の費用を含む)
・治療のために、あんま、マッサージ、はり師、指圧師、きゅう師、柔道整復師に支払った施術費
・保健婦や看護士に療養上の世話を受けた費用
・病人の面倒を見るために雇った付添人などの費用
・通院のための交通費、入院の部屋代や食事代の費用
・医療機器の購入代や貸借料の費用
・義手、義足、松葉づえ、補聴器、義歯などの購入のための費用詳しくは、最寄の税務署にお尋ね下さい。

(2) 医療費控除の計算の仕方
医療費控除として控除を受けられる金額は次のように計算します。

医療費控除の計算の仕方

所得税の還付金額(納付済税金の一部が戻ります)

所得税の還付金額

※課税対象となる所得が
330万円未満の場合・・・・・・・・・・・10%
330万円以上900万円未満の場合・・・・・20%
900万円以上1,800万円未満の場合 ・・・・30%
1,800万円以上の場合・・・・・・ ・・・・37%
1,800万円以上の場合 37%医療費控除の手続きに必要なもの確定申告書
・医療費の明細書
・医療費の支出を証明する書類(領収書など)
・源泉徴収票(給与所得のある方)
・保険給付金の控え
・認印
・通帳(還付金を受け取る本人名義の口座番号)
もっと詳しく知りたい方は国税庁のホームページをご覧になることお勧めします。

^


トップページ

お問い合わせ

電話をかける